サステナビリティに対するHPの取り組み 2030 vision Sustainable Impact

HPは、「最も持続可能で公正なテクノロジー企業になることを目指しています」という標語を掲げ、科学的根拠に基づき、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に沿った意欲的なアジェンダを策定している。現在最も明確で緊急な課題である「気候変動対策」「人権」「デジタルエクイティ」を軸に取り組むことで、ブランドとして最大のインパクトを与えることも実現する。

HPのサステナブルインパクト戦略

HPは3本の柱を定め、喫緊の課題にフォーカスした。
気候変動が食い止められ、人権が普遍的に保護され、
デジタルエクイティによりあらゆる人々に平等な機会が与えられる
新たな時代の実現を目指す。

業界で最も持続可能な製品とソリューションのポートフォリオを構築しながら、炭素排出量ネットゼロの完全再生型経済の実現に向けて取り組む。

気候変動対策

炭素排出量ネットゼロの
完全再生型経済の実現に向けて取り組む。

世界初のイノベーション

人権

人権、社会的公正、人種とジェンダーの平等を推進する。

取り組みの一例

デジタルエクイティ

教育、雇用、ヘルスケアへのアクセスを可能にしてデジタル格差の解消を目指す。

取り組みの一例

重視すべき3つの観点ESG

ESGとは、Enviroment、Social、Governanceの略で、企業の長期的な成長のために重視すべき3つの要素(環境・社会・企業統治)を指す。

2006年、国連により提言されたPR(I 責任投資原則)において、投資判断をする際にはESGを考慮することがガイドラインとされるようになった。投資家たちは、ESG評価で企業を見るようになり、その関心は短期的な経営指標からより長期的な経営指標に移行した。

現時点での財務パフォーマンスのみでは企業の将来を推測することは困難だ。そのため、環境・社会問題への取り組みも含めた10年先・20年先の長期的な目標、それを実現する組織的な能力基盤の有無にフォーカスが当たるようになっている。

世界では800以上もの機関投資家がESG経営を評価し、環境問題への取り組みの格付けを行うCDPランキングに注目している。そのため、製品の選定基準は、価格やスペックだけではなくサステナビリティの観点が重要な要素になっている。